「よくわかる言葉で語る」

14章13節―25節

 

はじめに

 

 年も改まりまして、今日は、今年の2000年の第2回目の主日礼拝ですが、今日も、わたしたちは、生ける真の神を聖書の教えに従い、聖霊の導きによって、心から礼拝し、栄光を神に帰したいと思います。

 

 それで、先週は、今年の最初の礼拝でしたので、年間聖句の説教をしましたが、今日からは、また、コリントの信徒への手紙一の説教に戻りたいと思います。

 

 そして、コリントの信徒への手紙一は、1世紀のギリシア南部のコリント教会の諸問題解決のため、使徒パウロが、紀元54年から57年の間に、海を隔てて、3百数十キロも離れた、トルコ半島の西海岸の町のエフェソから書いたものと考えられます。

 

 さて、それで、では、今日の個所は、どんな個所でしょう。すると、今日のところは、前回の続きで、異言を語るよりも、預言をすることが勧められています。すなわち、コリント教会においては、大事な礼拝において、意味不明の異言の言葉が飛び交って、礼拝が混乱し、皆の祝福と益になりませんでした。そこで、パウロは、意味のわからない異言を語るよりも、意味がよくわかる預言の言葉が語られて、皆の祝福となるように、勧めました。

 

 それで、今日のわたしたちも、教会においては、意味のよくわかる言葉が語られて、皆の祝福となるように、お祈りしたいと思います。

 

1.異言を語る人は、同時に自分自身でその異言の解き明かしができるように祈るべきです

 

 さて、それで、わたしたちは、まず、パウロが、理性の働きを伴わないで、魂だけで祈ったり、賛美したりする異言は、その解き明かしがなければ、意味がまったくわかりませんので、パウロは、異言を語る人は、自分は異言を語りぱなしにして、他のだれかにその意味を解き明かしてもらうことを期待するのではなく、自分自身で、その異言を解釈して、自分自身で、その意味を解き明かすことができるように祈り求めることを勧めました。

 

 また、理性の働きを伴わないで、魂だけで祈る、意味がわからない異言よりは、むしろ、理性の働きをしっかり伴った、意味のわかる祈りや賛美をするように、勧めました。そうしないと、コリント教会に来ている初心者の人たちは、異言の祈りや賛美が終わっても、意味がわからないので、アーメンと唱和することができません。これでは、異言で祈り、賛美をするその人だけが、神に感謝しても、他の人たちは、意味がわからないので、他の人の信仰を建て上げ、造り上げることができません。

 

 そして、そのようなことは、パウロ自身も、決してしなかったのです。パウロ自身は、コリント教会のだれよりも多く、異言を語ることができましたが、しかし、他の人の建徳にならないので、異言を語ることは、決してしませんでした。何故なら、パウロは、他の人に意味のわからない異言の言葉を一万語るよりも、理性の働きによって、意味がよくわかる預言の5つの言葉を語る方が、よいと考えていたからです。13節から19節がそうです。

 

 そこで、今日のところの最初の13節に、「だから、異言を語る者は、それを解釈できるように祈りなさい」とありまして、「異言」と言われていますが、「異言」とは、神秘的な言葉で、神に向かって祈ったり、賛美したりすることです。1世紀のギリシア南部のコリント教会においては、異言がもてはやされ、多くの人々が異言を求めました。そして、人々は、礼拝において、競って、異言を語りました、しかし、その異言を解き明かして、その意味を語る人がいなかったので、コリント教会の礼拝は、意味不明の異言の言葉が語られっぱなしにされ、礼拝が混乱していました。

 

 そこで、パウロは、異言を語る人は、同時に、だれか他の人が異言の解き明かしをしてくれるであろうから、自分は異言を語るだけでよいと安易に思わず、異言を語る人は、同時に、自分自身で、その異言の解き明かしができるように、祈るべきことを、パウロは、まず求めたのです。すなわち、異言を語りっぱなしにしないことを求めたのです。

 

 そして、次いで、パウロが求めたのは、理性を伴わないで、魂だけで祈ったり、賛美したりする、それゆえに、声は聞こえますが、意味がまったくわからない異言よりは、むしろ、理性を伴った、意味がよくわかる祈りや賛美を積極的にするように、勧めたのです。

 14節を見ますと、「わたしが異言で祈る場合、それはわたしの霊が祈っているのですが、理性は実を結びません」とありまして、異言の祈りは、理性の働きを伴わないので、「霊」だけで、すなわち、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで祈る祈りであると言われて、異言は、理性で、その意味を理解して、実を得ることができないと言われています。

 

 また、次の15節前半でも、「霊で祈り、理性でも祈ることにしよう」とありまして、パウロは、「霊」だけで、すなわち、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで祈らないで、理性の働きを伴って、祈るように勧めています。

 

 また、さらに、15節後半でも、「霊で賛美し、理性でも賛美することにしましょう」とありまして、「霊」だけで、すなわち、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで賛美しないで、理性の働きを伴って、賛美するように勧めています。

 

 そこで、今日のわたしたちは、これらの表現を見まして、理性の働きを伴わないで、「霊」だけで、すなわち、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで、祈ったり、賛美したりするとは、具体的に、一体全体、どのようなことかと、あれこれと頭の中でイメージしようとするのですが、イメージできません。

 

 今日のわたしたちの祈りや賛美は、「霊」だけで、すなわち、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで、祈ったり、賛美したりする祈りや賛美ではなくて、理性の働きを伴った、意味のよくわかる通常の祈りであり、賛美です。それゆえに、「霊」だけで、すなわち、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで、祈ったり、賛美したりする祈りや賛美をイメージできません。そして、イメージできないのが当然なのです。何故なら、そういうものは、1世紀末に、聖書が完結してからは、ないからです。今日も、もちろん、ありません。

 

 しかし、1世紀にはあったのです。14節に、「わたしの霊が祈っている」とありますが、これは、理性の働きを伴わないで、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで、祈ったり、賛美したりする異言の祈りを表しています。「霊」とは、霊魂のこと、魂のことです。

 

 こうして、聖書が完結した時代の今日のわたしたちには、とてもイメージできませんが、しかし、1世紀に、異言はありました。でも、解く人がいないと、異言は理性の働きを伴わない「霊」だけで、すなわち、霊魂の働きだけで、魂の働きだけで、なされる祈りや賛美や賛美ですから、その人の唇から音、声は聞こえても、理性で理解できません。

 

 そのため、教会に来て間もない初心者、すなわち、今日で言う求道者は、意味を理解して、アーメンと唱和することができません。16節に、「教会に来て間もない人」とありますが、この表現で、初心者、すなわち、今日の言葉で言えば、求道者を表します。当時のコリント教会には、「教会に来て間もない人」、すなわち、初心者、求道者は、たくさんいたと思われます。しかし、彼らは、礼拝において、異言による祈りや賛美で、神への感謝が献げられても、意味がまったくわかりませんので、アーメンと唱和できなかったのです。

 

 それは、教会の本来の姿ではありません。これでは、教会は困るのです。異言を語る人は、異言で祈ったり、賛美したりして、自己満足して、神に感謝を献げても、他の人には、まったく、何も伝わっていませんので、他の人の信仰を養い、育て、成長させて、他の人の信仰を建て上げ、造り上げていくことができません。

 

 そこで、使徒パウロ自身も、そのような異言を語りませんでした。パウロ自身は、コリント教会のだれよりも、異言を語れる賜物が与えられていました。しかし、他の人の建徳にならない意味不明の異言の言葉を一万語るよりも、意味がよくわかる5つの預言の言葉を語って、人に教える方が、人の信仰を養い、育て、成長させて、他の人の信仰を建て上げ、造り上げていくので、5つの預言の言葉の方が、はるかによいのです。

 

 わたしたちが、聖書を見ますと、パウロは、他のだれよりも異言が語れたのに、パウロが、実際に、異言を語ったことは、どこにも記されていません。それは、何故でしょう。すると、それは、異言を語れることは、大事ではなかったからです。聖書が記しているのは、パウロは、預言によって、意味がよくわかる言葉を語ったことです。

 

 19節に、「異言で一万の言葉を語るより、理性によって五つの言葉を語る法を取ります」とありまして、意味不明の一万という多さと、意味がよくわかる預言の言葉の5つという少なさが比較対照させられていますが、一万の二千分の一のわずか、たった5つの預言の言葉の方が、はるかに役立つということで、意味不明の異言の言葉の役に立たないことが、逆に、とても強調されています。

 

 こうして、キリスト教信仰の素晴らしい特色は、聞いていて、意味がよくわかるということなのです。そして、このことは、今日も同じです。キリスト教信仰のス素晴らしさは、創造主なる神が与えてくださった人間を特色づける理性というものの働きを、しっかり伴って、意味がよくわかる言葉が、礼拝で語られて、聞いている人の人生の道の光、足のともし火となることなのです。

 

2.意味のわからぬ異言は、意味がわらぬゆえに人を教会から遠ざけることになります

 

 さて、以上のようにして、パウロは、意味のわからない異言は、他の人の建徳にならないことを、繰り返し、丁寧に、実に詳しく教えましたが、さらに、異言は、建徳にならないどころでなく、意味のわからぬ異言は、意味がわらぬゆえに、人を教会から遠ざけることとなり、結果として、神の審判をもたらすことになることを、厳かに教えるのです。

 

 それゆえ、コリント教会の人々は、意味がわからなくとも、異言はよいものであると子どものような安穏なことを言ってないで、成熟した大人の判断をして、異言よりも、預言を求めるように、パウロは勧めました。

 

 それで、考えてみますと、意味がわからぬ言葉が語られるゆえに、人が救いから遠ざかってしまうということは、実は、旧約時代にもあったことでした。すなわち、イエスさまの出現よりも7百数十年前の預言者イザヤの時代がそうでした。当時のイスラエルの民は、背教して、預言者イザヤを通してヘブライ語で語られる、意味のよくわかる神に御言葉を軽んじて、耳を傾けることをしませんでした。

 

 そこで、神は、イスラエルの民を審判するために、イスラエルがアッシリア帝国との戦いで負け、アッシリア帝国に支配、占領され、アッシリア人が、イスラエルを治めるようになることを予告しました。そして、アッシリア人が、イスラエルに来て、アッシリア語を語って、イスラエルを治めることになりますが、イスラエルの民は、アッシリア語を聞いても、意味がまったくわかりません。すなわち、イスラエルの民は、意味不明のアッシリア語を話すアッシリア人によって治められることになりますが、その出来事は、不信仰のイスラエルに対する神の審判でした。しかし、イスラエルの民は、その出来事が、神の審判であることを悟って、悔い改め、神に立ち返ることをしませんでした。

 

 それで、考えてみますと、コリント教会の異言の出来事は、そのイザヤの時代のアッシリア語の出来事と似ているのです。すなわち、意味のわからぬ異言の言葉が語られれば、人は救いに入れません。入れないどころか、逆に、救いから遠ざけられることになってしまいます。そして、大事な救いから遠ざけられることは、結果として、神の審判になっていまいます。そこで、パウロは、異言はよいものだなどと、子どものようなことを言っていないで、成熟した大人の判断をして、意味のわからぬ異言よりも、意味がよくわかる預言を求めるように、パウロは勧めたのです。20節から22節がそうです。

 

 それで、わたしたちは、21節に、鍵括弧に入っている御言葉を見ますが、この御言葉は、「律法」、すなわち、旧約聖書のイザヤ書28章11節、12節の引用です。では、引用された旧約聖書のイザヤ書28章11節、12節は、何を教えているのでしょう。すると、イスラエルの民への神の審判です。当時のイスラエルの民は、背教していました。そこで、神は、イスラエルの民への審判として、「異国の言葉を語る人々」、また、「異国の人々の唇」と言われているアッシリア帝国の人々、すなわち、アッシリア語を話す人々が、イスラエルと戦って勝ち、イスラエルを支配するようになることを予告しました。しかし、それでも、イスラエルの民は、その出来事を通して語る神の御心に耳を傾けようとしないのです。

 

 21節に、「わたしはこの民に語るが」というのは、神がイスラエルの民に語ることを表しています。また、「それでも、彼らはわたしに耳を傾けないだろう」というのは、意味のわからぬ言葉であるアッシリア語を話すアッシリア人によって支配されるという出来事を通して、悔い改めて、立ち返るように語る神の御心に、耳を傾けないことを表しています。

 

 ちなみに、「異国の人々の唇で、わたしはこの民に語るが」とありますが、これは、何も、神が、それまで、イスラエルの民に、ヘブライ語で語っていたのを止めて、今度は、アッシリア語で、イスラエルの民に語るということではなく、アッシリア語を話すアッシリア人治められるという出来事を通して、イスラエルが悔い改めて、立ち返るようにとの神の御心が、語られることを表しています。その出来事を通して、神が語ることを表しています。

 

 こうして、イザヤ時代のイスラエルにおいて、意味のわからぬ言葉であるアッシリア語が語られることは、神の審判でしたが、そのことは、1世紀のコリント教会の異言の出来事にも似ていた部分があります。すなわち、コリント教会において、意味のわからぬ異言の言葉が語られれば、人は、意味が分からないので、救い入れません。入れないどころか、逆に、救いから遠ざけられてしまいます。そして、素晴らしい救いから遠ざけられることは、神による審判となりますので、イザヤ時代と似ていると言われるのです。

 

 そこで、パウロは、意味のわからぬ異言は、信じる人々の信仰を成長させることもせず、さらに、信じようとしている人々を素晴らし救いに入れることもしないので、信じる者の祝福のしるしにはならず、逆に、信じない人々への審判のしるしになると言って、異言よりも、意味のよくわかる預言を語るように勧めたのです。

 

 23節に、「異言は、信じる者のためでなく、信じていない者のためのしるしですが」とありますが、この言い方で、意味のわからない異言は、信じている人々の信仰を成長させるしるしにはならないし、また、信じようとしている人々を救いに導くしるしにはならないことを表しています。

 

 なお、「信じていない者のためのしるしです」というのは、「信じていない者ための審判のしるし」という意味で、旧約時代の不信仰のイスラエルの民に対して、救いが遠ざけられるために、意味のわからぬアッシリア語が、イスラエルで話されるようになったのに似て、コリント教会のおいても、意味のわからぬ異言が語られるのであれば、人々は、救いから遠ざけられてしまうので、結果として、神の審判になってしまうことを表しています。

 

 

 ですから、教会で、わけのわからぬ言葉が語られると、人々は素晴らしい救いに入れないので、それは、審判、裁きの意味を持つことになって、しまうとパウロは、厳かに警告したのです。

 

 しかし、その異言に比べると、人間特有の理性の働きをしっかり伴った、意味のよくわかる神から与えられた啓示の言葉を語り、伝え、説教する預言は、信じている人々を、さらに、信仰の成長に進ませ、あるいは、信じようとしている人々を救いへ入れますので、預言は、神の祝福のしるしとなります。

 

 こうして、使徒パウロは、「預言は、信じていない者のためのしるしでなく、信じる者のための神の祝福のしるしです」と言いました。22節に、「預言は、信じていない者のためではなく、信じる者のためのしるしです」とありますが、「信じる者のためのしるし」というのは、「信じる者のための神の祝福のしるし」という意味です。

 

 そして、今日も似たところがあります。教会の礼拝で、大事なことは、意味のよくわかる言葉が語られて、信じている人は、さらに、信仰に進み、信じようとしている人が、素晴らしい救いに入ることです。それゆえに、意味のよくわかる言葉が、礼拝で語られること、また、語られていることは、今日のわたしたちに対する神の豊かな祝福のしるしなのです。キリスト教信仰の素晴らしい特色は、パウロの時代から、礼拝において、意味がよくわかる言葉が語られることです。そのために、わたしたちは、いつも祈っていきたいと思います。

 

3.意味のよくわかる預言の言葉を聞けば、新来者や求道者や初心者は、罪を自覚させられキリストを信じて救われます

 

 さて、以上のようにして、意味のわからぬ異言が語られると、人々は、救いから遠ざけられることになり、審判の意味をもってしまうことがわかりましたが、実は、異言は、さらに、今度は、求道者たちや、教会に初めて来た人々からは、意味のわからぬ言葉を語る「狂気の沙汰」と見なされ、教会に人々が来なくなってしまって、伝道の働きができなくなるという最悪の結果をもたらすころになりますので、異言は避けた方がよいことを、使徒パウロは助言するのです。

 

 他方、パウロは、理性を使って、意味がよくわかる言葉で、神の御心を語り、伝え、説教する預言を、積極的に行って、求道者たちや、教会に初めて来た人々が、自分の罪を示され、回心して救われる方が、はるかによいことを、教えるのです。

 

 すなわち、もし、コリント教会の人々が、これからも異言を語るならば、どのようなことが起こるのでしょう。すると、決して、好ましい状況が起こるのではないのです。逆に、最悪の状況が起こるのです。

 

 どうしてでしょう。すると、コリント教会の礼拝において、その意味を解き明かす人がいないのに、次々と、人々が、我も我もと異言を語りつづけるならば、求道者たちや、教会に初めて来た信者でない人々は、意味不明の言葉が、熱狂的に語られるのを見、また、聞いて、コリント教会の人々は、気が狂っていると言って、もう二度と教会に来なくなるからです。これは、最悪の状況で、とても伝道にはなりません。

 

 では、逆に、コリント教会の人々が、意味のよくわかる預言をしているならば、それは、素晴らしいことです。何故なら、預言は、神から直接啓示を受けて、神の御心を、理性の働きを使って、意味がよくわかる言葉で、語り、伝え、説教するからです。

 

 そこで、求道者たちや、教会に初めて来た信者でない人々は、神の御心を理性をもって語り、伝え、説教するゆえに、意味がよくわかる預言の言葉を聞いて、自分の罪を示され、回心し、救われ、真の神を心から恐れ、敬うことになって、教会には、真の神が臨在すると告白するようになるのです。23節から25節がそうです。

 

 この部分は、何を言おうとしているのでよう。すると、異言は、意味のわからぬ言葉であるゆえに、人を救いに導かず、遠ざけてしまうので、神の審判になってしまうし、さらに、コリント教会の礼拝に来た求道者たちや、教会に初めて来た信者でない人々は、熱狂的になってわけのわからぬ異言が、次々と語られるのを見て、聞いて、コリント教会の人々は、気が狂って、わけのわからぬ言葉を皆が叫んでいると思って、町の人々に言いふらすことになり、人々がコリント教会に寄りつかなくなるという最悪の状況をもたらすことを表しています。

 

 23節の「教会全体が集まり」というのは、コリント教会の人々が集まる礼拝を表しています。また、24節に、「信者でない人か、教会に来て間もない人が入ってきたら」とありますが、「教会に来て間もない人」とは、教会に来始めて間もない人のことで、今日の言葉で言えば、求道者や初心者のことです。

 

また、「信者でない人」とは、初めて教会に来た人を表します。今日の言葉で言えば、新来会者のことです。 それで、わたしたちが、特に、この流れで注目すべきは、「あなたがたのことを気が変だと言わないでしょうか」とあることです。「気が変だ」というのは、もともとの意味は、気が狂っている、狂気という強い意味です。すなわち、コリント教会の人々が、異言はよいものだと安易に考えて、我も我もと、興奮状態で、次々と意味不明の言葉を語るのを、「教会に来て間もない人」、すなわち、求道者や初心者、また、「信者でない人」、すなわち、初めて教会に来た人、新来会者は、びっくりし、驚き、この教会の人々は、「気が変になって」、すなわち、気が狂って、わけのわからぬ言葉を 皆が叫んでいると思ってしまうのでしょう。そして、もう二度とコリント教会には来なくなるでしょう。さらに、コリント教会の人々は、気が変になった人々の集まりとして、町中に言いふらすでしょう。

 

これでは、証しにも伝道にもなりません。かえって、伝道の妨げになり、非人が教会に来なくなるでしょう。こうして、コリント教会は、伝道の使命を果たせなくなるでしょう。

 

そこで、パウロは、意味のわからぬ異言よりも、意味がよくわかる預言の賜物を皆が求めるように勧めました。預言というのは、神から、直接、超自然的な啓示、示しを受けて、神の御心を、理性の働きを使って、意味がよくわかる言葉で、語り、伝え、説教することでした。今日は、聖書が完結していますので、神からの超自然的な啓示や示しはありませんが、1世紀にはあったのですが、異言と違って、人間特有の理性の働きをしっかり使うので、聞いていて、意味がよくわかったのです。

 

そこで、パウロは、もし、コリント教会の人々が預言を求めて、皆が預言できるようになったら、どんなに素晴らしいかを語りました。何故、素晴らしいかと言いますならば、預言の言葉を聞けば、「信者でない人」、すなわち、初めて教会に来た人や新来会者、また、「教会に来て間もない人」、すなわち、求道者や初心者は、自分の罪を自覚させられて、キリストを信じて救われ、キリストを遣わしてくださった神を礼拝するようになるからです。

 

24節に、「皆が預言しているところへ、信者でない人か、教会に来て間もない人が入ってきたら、彼は皆から非を悟らされ、皆から罪を指摘され、心の内に隠していたことが明るみに出され」とありますが、これらの言い方で、「信者でない人」、すなわち、初めて教会に来た人や新来会者、また、「教会に来て間もない人」、すなわち、求道者や初心者が、自分の罪を自覚させられることを表しています。

 

「彼は皆から非を悟らされ」とありますが、「非を悟らされる」とは、もともとは、「罪があると責められる」という意味の言葉です。また、「皆から罪を指摘され」の「指摘される」は、もともとは、罪として判断されるという意味の言葉です。また、「心の内に隠していたことが明るみに出され」とありますが、この表現で、心の中に隠しておいた自分の秘密が、神の御前で罪であることが明らかにされてしまいますという意味です。

 

すなわち、コリント教会の人々皆が、よくわかる言葉で、神の御心を語り、伝え、説教するならば、「信者でない人」すなわち、初めて教会に来た人や新来会者、また、「教会に来て間もない人」、すなわち、求道者や初心者は、自分に罪があると責められ、自分のしていることが神の御前に罪として判断され、自分の心中に秘密にしていたことが神の御前に罪であることが明らかにされてしまうことによって、自分が罪人であることを自覚し キリストによる救いを真剣に求めるようになり、そして、実際、キリストを信じて救われ、さらに、キリストを遣わしてくだった神を恐れ、敬い、礼拝して、歩むようになるのです。そして、コリント教会の礼拝には、確かに、真の神が臨在すると告白するようになるのです。

 

これで、コリント教会の人々が行う礼拝は、正常化し、伝道の使命を果たすことができるようになるのです。25節の「まことに、神はあなたがたの内におられます」というのは、コリント教会の人々が行う礼拝には、真の神が臨在するという信仰告白をすることを意味しています。

 

今日のわたしたちもそうです。神御自身の御言葉である聖書の教えが、理性の働きを使って、意味がよくわかる言葉で語られ、伝えられ、説教されるので、わたしたち自身も、その都度、聖書によって、自分の罪を責められ、自分の言動や生き方が罪であると判断され、自分の心の中に秘密にしていたことが神の御前に罪であることが明らかにされることによって、自分の罪を悔い改め、十字架のキリストを信仰して、罪の赦しを得る礼拝を行っているので、わたしたちも、「まことに、神はわたしたちの内におられます」と、礼拝における神の臨在を告白することができるのです。

 

わたしたちが行う礼拝には、万物創造の偉大な神にして、罪人であるわたしたちをキリストによって救ってくださる憐れみ深い神が、本当に臨在してくさだっているのです。それゆえ、わたしたちは、よい意味での恐れとともに、大きな喜びを持って、これからも、神を礼拝しながら、真の人生を歩んでいきたいと思います。

 

結び

 

 以上のようにして、わたしたちは、今日のところを見ますが、わたしたちの教会においても、意味のよくわかる言葉が、今年も、力強く語られて、みんなの豊かな祝福となるように、みんなで祈っていきたいと思います。

 

お祈り

 

 天の父なる神さま、

今日は、新しい年の第2回目の礼拝の日ですが、御前に導かれ、心から感謝いたします。

 今、わたしたちは、意味のよくわかる言葉で、あなたの御心が語られることが、如何に大切であるかを教えられました。どうか、今年も、礼拝のたびごとに、よくわかる言葉で、あなたの御心が力強く語られ、伝えられ、説教されて、

一人一人の豊かの祝福になりますように、聖霊の助けを、いつもお与えください。

 今年も、いろいろな仕方で、キリストによる素晴らしい救いが、わたしたちの教会を通して、広がっていきますように、お願いいたします。

本日、種々の都合や事情で、出席できなかった兄弟姉妹に、それぞれのところで顧みがありますように、お祈りいたします。

 これらの祈りを、主イエス・キリストの御名によって、御前に、お献げいたします。アーメン。

 

 

 

 

 

 

               

                


   目次