第22節 信仰と神学

 
 バーフィンクは、「第22節 信仰と神学」を語るにあたって、まず、神学は、福音を明らかにするのに重要であることを述べる。バーフィンクは、信仰の確かさは神の言葉に依拠し、すべての疑いを排除するかので、それで十分であり、神学を、直ちに要求しないことを語る。そのため、ある人々は、単純で、実際的なキリスト教を好んで、神学の妥当性と価値を否定した。しかし、啓示の進展が終わり、啓示が聖書において霊感されてから、聖書の教えを明らかにする重要性から、次第に、ゆっくり神学が生じたことを語る。

神学は、福音の一面的な解釈を避けるためにも重要である。バーフィンクは、神学は、福音を明らかにするのに重要であるのみならず、また、信仰と形而上学の間の分離から生じる福音の一面的な解釈を避けるためにも重要であることを語る。

教義の歴史を認めないことは、文化と学問にも、よい影響を与えない。バーフィンクは、純粋な福音を、キリスト教会の諸教義の背後に求める努力をすることは、経典の中に経典を求める誤りにつながり、また、諸教義を告白してきたすべての時代の普遍的教会とのまじわりの破壊つながることを語る。それゆえ、連綿として続いてきたすべての時代の教会の教義の歴史を認めないことは、キリスト教の教義が、わたしたちの時代の文化と学問から分離され、神秘主義と分離主義に陥り、キリスト教生活が、時代と文化によい影響を与えることを否定することになると、バーフィンクは語る。

キリス教神学は、哲学を借りて生じた。バーフィンクは、神学が、哲学を借りて生じることを語る。すなわち、神学は、神の啓示が、人類に語りかけるので、啓示を理解するために、キリスト教信仰それ自身の本質から生じる。そして、キリスト教神学は、信仰を理解し、説明するために、最初から、哲学を用いてきた。でも、キリスト教神学は、ひとつの哲学的体系を、採用することはしなかった。常に、啓示によって、哲学をテストしながら、福音の真理を明らかにする限りにおいて、哲学から多くを借用したことは事実である。こうして、信者たちが、キリスト教信仰の教えは、何かを考えるので、神学は、信徒のまじわりである教会から生じることを、バーフィンクは語る。

信仰と神学は区別される。バーフィンクは、神学は、「信仰から理解へ」(アウグスチヌス)と動いていき、神学は信仰と区別されたことを語る。信仰と神学の区別は、クリスチャンであるために告白されねばならない基本的真理と神学者たちによって議論される真理のより大きな体系とに区別されることからも明らかである。スコラ神学のすべての信者の「注入神学」と学問的神学者の「獲得された神学」の区別、あるいは、ローマ・カトリックの「含蓄的信仰」、あるいは、プロテスタントの後の「根本的信仰箇条」と「非根本的信仰箇条」の区別も出てきた。悲しいことに、これらの議論は、信者の間に、頭と心、教理と生活、合理主義と敬虔主義という分離をもたらしたことを、バーフィンクは述べる。

プロテスタントも、根本的信仰箇条と非根本的信仰箇条の区別を語った。バーフィンクは、宗教改革のプロテスタントも、信仰と神学の区別を語ったことを述べる。バーフィンクは言う。「宗教改革も、この違いを意識していたことを、自ら示す。ルター派神学者たちと改革派神学者たちは、「神学の基礎的傾向と行為」((habitus en actus der theologie)、『注入された神学と獲得された神学』theologia infusa en acquisita)の区別を挙げた。最初のものは、すべての信者たちの分である。原理において、それは、『神学の全体』(totam theologiam)であり、それは、真実で、純粋な神認識を持つ。しかし、『獲得された神学』(theologia acquisita)として、それは、神認識を学問的に行うところの人々の分に過ぎない」。

信仰と神学の区別の議論は、合理主義と敬虔主義という分離をもたらした。バーフィンクは、以上のように、プロテスタントの後の「根本的信仰箇条」と「非根本的信仰箇条」の区別も出てきたことを語るが、しかし、悲しいことに、これらの議論は、信者の間に、頭と心、教理と生活、合理主義と敬虔主義という分離をもたらしたことを、バーフィンクは述べる。

宗教改革における信仰観についてである。バーフィンクは、宗教改革における信仰観について、明らかにする。確かに、宗教改革においては、最初は、「根本的信仰箇条」と「非根本的信仰箇条」の区別も出てきたのであるが、しかし、宗教改革は、根本的信仰箇条の数を次第に増やしていく仕方でなく、信仰を、特別な中心的な対象、すなわち、キリストにおける神の恵みの信仰と理解した。これは、信仰諸箇条の総体を含み、信仰は、人間とキリストとの人格的な関係であることを意味し、信仰箇条の追加や量の考えを除いたのである。そして、信仰と神学は、神の言葉という原理、神認識を対象、神の栄光を相互の共通の目標に持っていることにおいて強く一致することを認めた。そして、信仰が神学と理解に先行することも認めた。

バーフィンクは、神学における理性の役割について語る。バーフィンクは、神学は、信仰についての信仰的省察であるので、わたしたちも、神学における理性の役割をよく考察する必要性について述べる。理性と信仰は、二元論的に、分離されてはならない。信仰は、結局、理性に並ぶ、あるいは、理性を超える器官、あるいは、能力ではなく、理性自身の傾向、あるいは、習性なのである。信仰は、人間の意識の自発的行為であり、習性として、神の子らの自然的な呼吸なのである。信仰は、クリスチャンから、信仰についての研究と省察を解放しないのであり、クリスチャンをその目標に促すのである。神学は、芸文においてよりも、さらに訓練された備えを要求する。神学は、文学的多様性における聖書の全体から起源する神学的体系を建てる任務に、人を備える。そして、聖書から集められた材料を知的に整序し、今日の言葉における意味のある思想体系の中に綜合していく任務が続くことを、バーフィンクは語る。

バーフィンクは、神学の3重の役割について述べる。すなわち、神学は、まず最初に、聖書から材料を集め、次に、知的に整序し、最後に、今日の言葉における意味のある一つの思想体系の中に綜合していく任務が続くことを、バーフィンクは語る。

救いの奥義は、福音において、知られるようになり、信者たちに理解される。奇跡と神秘は、十分には理解されないので、神学は、謙孫を求められると言われるが、しかし、バーフィンクは、このことは、キリストにおける救いの神秘についての新約聖書の観念とは、異なることを語る。すなわち、新約聖書におけるキリストにおける救いの神秘(奥義)は、それまでは、知られていなかったが、でも、今や、キリストにおいて頂点に達する救済史において、十分啓示された神秘として、言及されている。また、それは、ある円熟した人々だけに到達される秘義的霊知ではないし、また、カトリックのように自然的なものと超自然的なものの対立ゆえに、超自然的ゆえに知られていないのでもない。宗教改革は、聖書における対立は、自然と超自然という形而上学ではなく、霊と罪の宗教的対立のゆえであると正しく主張した。                                                                                                                                       

 神認識は、永遠の命であるところの認識である(ヨハネ17:3)。バーフィンクは、カトリックにおいては、信仰における奥義は、自然的なものと超自然的なものの対立で、超自然的ゆえに知られていないものと、形而上学的に考えられたことを語るが、しかし、宗教改革における、また、聖書における対立は、自然と超自然という形而上学ではなく、霊と罪の宗教的対立のゆえであると正しく主張したことを語る。生まれつきのままの人は、霊的真理を知ることも、理解することもできないのである。しかし、信者の神認識は、単に知ることではなく、把握し尽せないものであり、栄光的であり、それは、永遠の命であるところお方を知ること(ヨハネ17:3)であることを語って、第22節「信仰と神学」を終わる。

 以上で、「第22節 信仰と神学」の紹介と解説を終わる。また、これで、「改革派教義学」(第1巻)が終わるが、わたしは、バーフィンクのこの「改革派教義学」(第1巻)によって、改革派神学の根本精神と方法論が、実に、よくわかった。根本姿勢は、他の神学的立場を決して恐れることなく、広く、深く対話して、高度な学問性をしっかり保ちながら、しかし、豊かな霊的性格を少しも失うことなく、神の言葉である聖書の教えを積極的に、確信に満ちて、力強く表明していくという改革派神学が実感できる。また、方法としては、神認識の外的・客観的認識原理である神の特別啓示である聖書と、それに応答する内的・主観的認識原理である信仰との密接不可分の関係において営んでいく方法であることが、とてもよくわかり、改革派信仰と改革派神学をますます確信できた。若いときに、バーフィンクの「改革派教義学」を読んだことは、生涯の神学的財産となって、役に立ってきた。バーフィンクの「改革派教義学」と、若いときに出会えて、本当によかった。

 この自分の経験があるので、ぜひ、日本語でも読めるようにして、一人でも、多くの人が、わたしと同じように、バーフィンクの「改革派教義学」を通して、大きな益を受けられればと願って、紹介と解説を行ったが、そうすることが、わたしの使命と確信できたればこそ実現できた。改革派信仰、改革派教会、改革派神学が、この日本の地に、しっかり根付くように、全能の神に祈る。

  

               

                                                  


ホーム